様々な仕様のノート

効果を高めるオリジナルノートの仕様とは

「ノート」と一口にいってもその種類や仕様は多岐にわたります。 小学校の授業などで使われるマス目の入った「学習帳」と呼ばれるノート

・多目的利用を想定した「大学ノート」

・専用のバインダーに綴じて使用する「ルーズリーフ」

・用途に応じて使われる「手帳」「日記帳」「メモ帳」「自由帳」など……

ノベルティ・販促グッズとして、あるいは記念品として、ノートが使われる場面とターゲットを想定してこれらの仕様を選択すれば、そのままターゲットにとっての「使いやすさ」「持ちたいという欲求」「ステイタス」に直結します。より効果的なオリジナルノートをご考案いただけるよう、ここではノートの種類・区分についてご紹介します。

サイズ

一般に使用されるノートの大きさは、A5・B5・A6の3種類です。この「A判」「B判」、ともに辺の長さの比が「1:ルート2」となっています。長辺を半分に折っていけば常にこの比が維持される特殊な長方形となっていて、この比は「白銀比」とも呼ばれます。

1929年当時のドイツの工業規格を採用したものがA判であり、対してB判は江戸時代に将軍家と御三家の御用紙だった「美濃(みの)紙」のサイズが由来となっています。

枚数

ページ数のことです。ノートのページ数はあまり気にされたことがないと思いますが、実はほとんどのノートは80ページ(40枚)・100ページ(50枚)・200ページ(100枚)という規格に合わせて作られています。販促品としてノートを作る際にも、この枚数を基準に作ることがほとんどです。

表示アレンジ

通常の大学ノートでは、表紙に1枚の紙を使用しています。ほとんどが、ノートの本文よりも厚い紙を用います。なお、リング綴じのノートでは、表紙の上に柔軟なプラスチック板を重ねて綴じ、高級感を出すこともあります。

オリジナルノートを作る際にも、表紙は個性を出したりバリエーションを付けられたりと他と差別化を図りやすいポイントとなります。前述のようにプラスチックを重ねたり、コーティングをしたりすることで、通常のノートとは一線を画す高級感を出すことも可能です。何をプリントするか、どう加工するかによって販促効果にも違いが出るのです。

あわせて読みたい

>>ケース別・オリジナルノートの利用法

>>強度・コスト・個性で選ぶ「綴じ方」

↑ページの先頭へ戻る