他のノベルティグッズとの比較

コストパフォーマンス・スピードに優れたオリジナルノート

ボールペン、クリップ、缶バッジ、カレンダーなど、店頭や展示会などで企業が配布するノベルティや販促品は、消費者の購買意欲を刺激すること、そして企業や商品を認知させることを目的としています。

最終的にターゲットが商品購入やサービス利用にたどり着けば問題ありませんが、ノベルティ・販促品の配布は投資の意味合いが強いため、できるだけコストパフォーマンス高い製品を選ぶことが求められます。

その点、オリジナルノートはコストパフォーマンスやスピードにおいて高い優位性を持っています。

費用・コスト

費用対効果を考えたときに、ノートほどメリットの大きいノベルティはそうないでしょう。

  • 1.他のノベルティよりも圧倒的に安い単価が設定されている
  • 2.宣伝に使えるプリントスペースの広さは他に類を見ないほどである
  • 3.そのまま捨てられることはなく、ほぼ確実に使われる(使い切るまでユーザーの手元にある)

安い単価で広いスペースに宣伝ができて、しかも捨てられることなく長期間にわたって使われる……という、費用対効果の高いノベルティであるといえます。

ターゲット層の広さ

ノートは使用する年齢を選びません。時計などであれば小さなお子さんにはまだ不必要ですし、缶バッジなども身に付ける層やシーンが限られるでしょう。その点ノートは、どんな小さなお子さんでも、お年寄りでも使うことができますし、ターゲットの嗜好も選びません。

広告・宣伝面の広さ

数あるノベルティグッズの中でも、随一のプリントスペースを持っているのがノートです。表紙一面をプリントに充てられるばかりか、中身である本文用紙や裏表紙も入れれば圧倒的な面積を丸ごと宣伝に使用できるのです。これがボールペンやクリップ、缶バッジであれば、プリントできるスペースはほんのわずかでロゴや社名を入れるだけしかできません。

また広告・宣伝効果を考える場合に重要なのが「どれだけの数量を製作できるか」です。時計などのノベルティは単価が高く大量生産をすると費用がかさんでしまいます。その点、ノートであれば単価も安く、費用を抑えて大量のノベルティを作ることができます。

スピード

数あるノベルティの中で、もっとも納品スピードの速いのが「ノート」です。他のノベルティと比べて、ノベルティ本体の製作時間が短く、また平面の紙媒体ということもあってプリントに時間がかかりません。

高鶴商店ではオリジナルノートの製作に約3~4週間の製作期間を設定しています。他のノベルティはおよそ1ヶ月以上の製作期間を考えておく必要があります。よりフットワークの軽い営業活動のためにも、製作スピードは外せない要素だといえます。

あわせて読みたい

>>記念品・ノベルティとしてのノート

>>ノートのブランディング効果

↑ページの先頭へ戻る